スタッフブログ

あたたかい心 活動日記

*

医学、薬学についての研修

   

先月27日に名古屋商工会議所の研修室にて医学・薬学の講座がありました。

薬学で目からうろこだったのが認知症の方でアリセプト等の薬と一緒に出す漢方の抑肝散。あの薬、効能書きにどのような症状に飲むかと言う場所に子どものかんの虫とあります。落ち着かない子どもに気持ちを和ませる効能があるようです。また、作用と副作用。花粉症で鼻水を止めるのが主作用。眠くなりのどが渇くのが副作用。市販で売られている睡眠改善薬。これを利用しているそうです。あくまでも薬剤師さんのお話なのでかかりつけ医やかかりつけ薬局に相談は必要であるが、知識としては知っていても良いと思います。

もっと薬剤師を使ってください。色々なアドバイスができますと言われています。是非、私たちケアマネジャーをはじめ利用者さんやご家族さんも聞いてください。愛知県薬剤師会の方が言っておりました。

また、医学も為になりましたが、やはり医師ではあるが、私たちの職能団体、愛知県介護支援専門員協会会長さんでもあるので最後にとにかく会員数が増えないと国などに働きかけることができないと言われています。確かにお隣の三重県では相当数のケアマネジャーが会員のため、各市町村、県レベルで介護支援専門員協会のケアマネジャーの専門職として発言できる機会が多いようですが、愛知県では全くありません。どの業種、どの業態でも職能団体はありますが、介護の職能団体ほど活動できないつまり会員数が少ない職能団体は少ないと思っております。

 

DSC_0156

DSC_0156

DSC_0157 DSC_0158 DSC_0160

 - 居宅介護支援事業所